現在の位置:トップページ > 最新公告

最新公告

2018年「泰達•華博カップ」華僑中国人イノベーション起業大会の活動提案

深く「一带一路」、イノベーション駆動発展、北京・天津・河北省の共同な発展、供給側改革などの重大な国家戦略を貫徹徹底し、中国経済のハイクオリティーな発展を推進するために、2018年政府業務報告での産学研用の協働な発展を推進し、イノベーション主体の深い融合を果たし、「双創」アップグレード版を作り上げる関連要求事項及び国務院僑務事務所、天津市人民政府が2018年の「華博会」の関連業務手配に基づき、天津市人民政府僑務事務所、天津経済技術開発区管理委員会は、2018年の「華博会」の開催期間内において、共同で2018年の「泰達・華博カップ」華僑中国人イノベーション起業大会を催す運びになり、具体的な提案は下記の通りとします。

一、試合の背景

「華博会」活動は、天津が対外的開放を深め、企業誘致・資金誘致を加速化し、人材募集・導入を実現する重要な取り組みです。活動の重要な内容の一つとして、2017年に「泰達•華博カップ」華僑中国人イノベーション起業大会は、既に去年の6月に天津での開催に成功し、試合にはグローバルイノベーション知恵が集まっており、海外華僑中国人と国内のイノベーション起業者の積極的な参加を誘致し、良好な効果を収めています。

2018年に、天津市僑弁と天津経済技術開発区管理委員会は、引き続き国僑弁の「万人の華僑のイノベーションアクション」を徹底し、グローバル華僑中国人が商談しに来ることを招へいし、提携ビジネスチャンスを見出し、共同な発展を実現します。試合は、実体経済にサービスする国家の双創の全体的要求事項に基づき、海内外の華僑中国人スペシャリストに向け、良質なイノベーション要素を整合し、天津現地の技術ニーズのある実体企業にしっかりサービスし、滞りなくニーズのある企業が技術成果との総合連絡チャンネルを確保し、より多くの華僑界のイノベーション型人材と優秀なトップランナーの創造の活気とイノベーション起業の熱意を引き出し、天津経済発展の「新たなエンジン」を作り上げ、天津の経済発展のために末永い原動力を提供します。

二、試合のテーマ

海内外の産学研の融合を連結します

三、試合組織

主催者:天津市人民政府僑務事務所、天津経済技術開発区管理委員会

引き受け者:天津市科学技術委員会、天津経済技術開発区管理委員会科学技術と工業創新局

四、試合制度

新時代、新発展プロセスにおける新たな要求事項に基づき、「十九大」のハイクオリティーな発展理念を実践し、試合は天津の実体企業のニーズを主体にして、十分にグローバルイノベーション資源の優勢を生かして、ニーズのある企業に協力して、実際な問題を解決し、産業の研究しようの深い融合を推進します。試合は、新世代情報技術、スマート設備、省エネ環境保護などの重点産業分野を巡って、技術ニーズのある企業を選出して、大会の出題部門にし、企業の実際な技術ニーズに応じて、大会の試合テーマを定める。重点的に海内外の華僑中国人(を含むがこれらに限定されない)において、イノベーション能力、成功した事例のある技術保有者とドッキングしたり、圧、目たりして、技術ニーズのある当事者にニーズソリューションを提供します。予選、決勝戦などの段階で、総合的に評価し、最終的には大会の受賞者を選出し、技術ニーズのある当事者が技術供給者との提携関係の確立を推進します。

五、参会対象者

自主的に起業しているチーム、個人、科学研究機構、大学、スタートアップ企業、先導企業(海外華僑中国人を含むがこれらに限定されない)において、イノベーション能力、成功した事例のある、ある試合ニーズを対象にする技術保有者。

六、試合の受賞項目及び試合のボーナス

(一)試合の受賞項目

大会では5問が設置されています。各問には、一等賞1名、賞金15万元、二等賞1名、賞金5万元が設置されています。各問の合計賞金は20万元です。5問は、合計100万元です。技術需給のある双方は、試合後に引き続き成果移転転化を展開した場合は、最高500万元の特定奨励を与えます。

(二)試合のボーナス

大会プラットフォームはは、技術ニーズ側、技術供給側、技術仲介側の多側面のウインウインを果たすプラットフォームです。各当事者は、プラットフォームで各自の優勢のある資源を貢献し、イノベーション成果と利益を共有します。

ニーズ公表企業のボーナス:

1.大会プラットフォームの全国的影響力を借りて、全国のイノベーション資源を集積し、無料でニーズのある企業のために技術難題ソリューションを募集します。

2.大会プラットフォームの全国的影響力を生かして、ニーズのある企業のイノベーション文化と製品をプロモーションし、全国の各種のイノベーション資源と融合するチャンスがあり、企業技術及び及びイノベーションプロセスを加速化します。

3.参会プロセスにおける技術需給とドッキングすることに成功したニーズリリース企業について、優先して天津市のテクノロジー計画プロジェクトの支援を受けることを推薦します。

参会チームのボーナス:

1.名高い企業と交流、ドッキングし、名高い企業と技術提携開発又は委託開発を展開し、名高い企業から受注します。

2.参会チームにテクノロジー政策諮問、企業戦略諮問、知的財産権、技術取引、投融資、人材ドッキングなどを含むサービスを提供します。

3.良質な提携プロジェクトは、投資機構の投融資支援を受けるチャンスがあります。

4.試合賞金及び特定奨励の獲得

七、試合日程及び形式

試合は、テーマ募集及び公表、試合申し込み、資格初期審査、予選、集中ドッキング活動、決勝戦、授賞式などの若干の段階に分かれています。

(一)試合テーマ募集及び公表:5月15日前

試合組織委員会は、スマート設備、新世代情報技術、省エネ環境保護などの主導産業を巡って、関連業界企業を大会の出題部門として組織し、選出し、各企業は、試合のテーマに基づき、テンプレートを公表して、大会のニーズを届出ます。試合のテーマ募集後に、試合組織委員会は、試合出題の打ち合わせを開催し、北京時間5月15日に開発区及び米国のカリフォルニア州中関村シリコン•バレ-イノベーションセンターで、同時に大会グローバルキックオフ大会ならびに大会出題発表会を開催します。

(二)試合申し込み:5月15日から6月15日まで

大会のキックオフ大会後に、参会者は、「華博カップ」大会専用申し込みルートで申し込みシステムにアクセスして、申し込むことができ、申し込み情報を記入したうえ、参会提案をアップロードします。

(三)資格初期審査:6月16日から6月17日まで

主催者は、参会者への資格初期審査を行い、参会条件に適合しないし、規定要求事項通りに申告資料を提出していない申告者について、主催者は、別途で通知しないものとします。

(四)予選:6月18日から6月20日まで

6月15日は、大会申し込みの締切日にします。参会チームは、申し込みに成功後に、申し込みチームは、出題技術ニーズ内容に応じてニーズソリューションを提供し、ソリューションの電子版は、6月15日前までに試合組織委員会に送付し、試合組織委員会は収集整理後に各出題企業の選出としてこれを配布し、選出された参会チームは、決勝戦資格を持つようになります。出題企業は、6月20日前までに、入選された決勝戦チーム名簿をフィードバックします。各出題企業は、決勝戦入選チームを選出する数は、原則上5チーム以下です。

(五)集中ドッキング活動:6月21日から7月9日まで

決勝戦に進級する参会チームについて、参会チームと出題企業とのドッキング交流活動を手配します。

(六)決勝戦:7月10日からまで

決勝戦に進級するチームは、全数プロジェクトロードショーという方式で、選出したニーズソリューションを展示し、試合組織委員会は専門家を集めて、参会チームから提出したニーズソリューションについて、出題別にチームを分けて討論及びレビューを行い、採点は百点制で、得点順位によって、各チームの受賞順位を定める。

(七)授賞式:7月13日

  「華博会」の開幕式で現場授賞式を催します。

八、重大なイベント

(一)キックオフ大会ならびに出題発表会

期日:   5月 15日

場所:開発区管理委員会、米国カリフォルニア州中関村シリコン•バレ-イノベーションセンター(同時の生放送)

人員:活動規模が約100人で、市の責任者及び各委員会・事務所・局、濱海新区政府、ハイテク企業、科学研究機構、新聞マスコミなどの代表、海外ハイテク企業、投資機構、海外マスコミなどの代表が含まれています。

(二)決勝戦

期日: 7月 10日

場所:泰達双創示範区

人員:活動規模が約100人で、業界の専門家、企業の専門家、科学研究機構、金融機関、参会チームの責任者が参加します。

(三)需給ドッキング活動

期日: 7月 13日

場所:梅江コンペンションセンター

人員:活動規模が約100人で、海外華僑中国人代表、現地のハイテク企業、科学研究機構、イノベーションプラットフォーム、金融機関代表、大会出題企業代表及び参会チーム、新聞マスコミなどが含まれています。

九、試合組織委員会の設置

試合組織委員会、即ち「華博会」組織委員会事務所の傘下には、大会組を設置し、組織委員会事務所の指導を受けます。大会組組長部門は、天津経済技術開発区管理委員会に設置され、組長は開発区管理委員会の副主任の於梅様で担当します。

十、費用手配

大会の諸予算費用は、計300万元で、天津市経済技術開発区管理委員会で負担します。そのうち、200万元の試合業務経費は、開発区管理委員会で政府調達関連プロセスに基づく支払をし、100万元大会賞金は、開発区管理委員会で大会受賞状況に応じて実費で支給します。

十一、業務手配

1.試合全般は、市僑弁、開発区管理委員会で統括します。

2.開発区管理委員会は、大会提案の起草、出題テーマの募集、出題打ち合わせ作業を担当し、市僑弁は提案審査を行い、上級に報告します。

3.開発区管理委員会は、参会情報の整理と審査業務、大会賞金の支給業務を担当します。

4.開発区管理委員会は、政府の調達プロセスに基づき、試合協力事務所を選出し、協力事務所で試合の各段階の組織及び会議事務業務を担当します。

5.市僑弁は、市科委、市教委、市外国専門家局、天津市の各大学各区の僑弁、科学技術主管部門、留学生起業園と調整して、試合の申し込み募集業務を完成します。

6.市僑弁、開発区管理委員会は、具体的な大会宣伝報道業務を担当します。

出所:761棋牌開発区

リリースタイム:2018-06-05 08:27:57